婚活市場における自分の価値の高め方

堀 ゆめ子

ごきげんよう、堀ゆめ子です。

本日はハイスペック婚を望む貴女に、婚活市場における自分の価値の高め方についてお伝えいたします。

結婚は受験ではないので、偏差値(美容指数)が高いからお金持ちと結婚できるわけでもないし、偏差値(美容指数)が低いからダメ男に捕まるってわけでもありません。

誰にでも、自分の結婚したい方とできるチャンスがあるんです。

本日はその方法を少しだけお伝えしましょう。

方法としてはこの3つ。テストに出るから覚えておいてくださいね♡

1相手の目に止まるだけの魅力を持つ

2自分のターゲット層が結婚相手に求める条件を知り、身につける

3ターゲット層が多くい場所に身を置く

1 相手の目に止まるだけの魅力を持つ

素敵な人に出会っても、相手の恋愛対象に入っていないと意味がないですよね。

「いきなり魅力って言われてもぉ〜」ってなると思うんですが、自分に置き換えると意外に簡単にわかる話です♫

貴女の好みの男性はどんなタイプですか?優しくて穏やかな人?活発でアクティブな人?それとも器の大きな年上の人?タイプは人それぞれですが、そもそも「外見」がストライクゾーンに入っている、というのが大前提にありませんか?ストライクでなくても、ギリギリセーフなゾーンまでが許容範囲なはずです。

そしてこのページをご覧になっているということは、貴女は格上のハイスペック男性を狙っているはずです。

「ブスでもデブでもハゲでもお金持ち!!お金さえあれば容姿なんてなんでも良い!!!」

って人は、いないとは言い切りませんが、極々少数派でしょう。

つまり、貴女と付き合える人は貴女も気づかぬうちに貴女自身によって精査しているということです。

これを反対の立場に置き換えるとご理解いただけると思います。

容姿審査の時点で相手のストライクゾーンに入らないと、そもそも中身を見てもらえない・・・!!!!

そう、舞台にすら乗ることできないのです。

つまり、端的にいうと

「自分磨きに力をいれよ!!!」ということ。

私のように20kg痩せて!などと言っているわけではないのです。

メイク・髪・服装・肌(全身)・言葉使い・姿勢・振る舞いに気をつけるだけで全然違うのです。

詳しくは「美活メソッド」にて細かく説明をしているのでぜひご覧になってくださいね。

(3月から掲載します)

あと、人としての魅力や面白さっていうのは

「何かに向かって努力していて、それについて楽しそうに話せること」

そう・・・話題や話し方に出るのです。これが本当に重要です。

自分が日々何に興味を持ち、努力しているのか、

これを見つけてください。

そして胸を張って話せるぐらい、その事象に一生懸命になってみてください。

夢中になれる何かを持っていると、人としての深みが出ます、話に重さが出ます。それが仕事であれ、ダイエットであれなんでも良いのです。

過去の栄光の話も大切ですが、今現在貴女が努力していること、これが貴女の魅力の引き出しになるのです。

ご参考になさってくださいね。

2自分のターゲット層が結婚相手に求める条件を知り、身につける

これについてはネット上の様々な記事などを読んで研究しましょう。

なんとなくの感覚ではなく、

実体験をもとにした経験談を目にしたり、ハイクラス婚をした友人に聞いたりするのも良いでしょう。

ちなみに私ごとになりますが、主人は経営者ですが、婚活前はまさに研究いたしました。

周りの経営者の奥さんたちを見てそれを真似たり、

身に付けるものを変えてみたりしました。

そして主人と出会った時は、それ以前までの男性への接し方とはガラリと変え、

大変効果がありましたので、

ハイスペック男性が好む女性の傾向

について、また後日記事にしようと思います。

その際はぜひご覧になってくださいませ。

3ターゲット層が多くいる場所に身を置く

これに関しては言わずもがなですね。

貴女がもし、年収2000万円以上の男性を狙っているのに

無料の婚活アプリに登録したり、格安の婚活サイトなどで活動をしている場合

残念ですが可能性として低くなるでしょう。

難関大を目指しているのに受験科目の違う専門学校の勉強をしているのと同じ。

年収2000万以上の男性が、女性との出会いをケチるなんてことはそうそうありません。

むしろ無料サイトに登録する女性との出会いを望むとも思えません。

(周囲の経営者からは、美人局などがいそうで巻き込まれたくない、などの意見は聞きます)

その点結婚相談所は、

【安全の保証】がされており(身元の証明が最初にきちんとしているので)、ある程度のお金もかかるので、結婚に向けて真剣な女性がいると安心してくださいます。

そしてオススメなのが経営者主催のパーティや、異業種交流会などです。

その場にお目当の男性がいなかったとしても、

人脈を辿れば独身貴族のような知り合いをお持ちの方も多いはずです。

類は友を呼ぶ、ということですね♫

ぜひご参考にされてみてくださいね。


堀 ゆめ子

いかがだったでしょうか?

長い文章を読んで頂きありがとうございました。

「これなら私にもできそう!」と思ってくださった方もいたのではないでしょうか^^

ぜひ実践してみてくださいね。

それではまたお会いしましょう^^♫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。